漫才?…放浪芸てキミ! お笑い漫才と放浪芸・大道芸をつなぐ
message
今ではほとんど見る事ができなくなったけれど、とってもステキな芸能が、日本にはたくさんあります。そんな芸能をここでは紹介する…だけではなくて、どんどん探訪します!そして実演します! みんなでまだまだ忘れられるには惜しい芸能の数々を楽しみませんか!
message

お問い合わせ・取材・公演依頼などはホームページ下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。

吉本せい

関西の万才が東京の寄席に出たのは、大正六年(1917年)の日本チャップリン・梅廼家ウグイスが第一号でした。関西の落語を漫才にとってかえ、今日の隆盛に導いたのは他でもない吉本興行でしたが、東京にも強力な地盤を築き「マンザイ王国」の名をほしいままにしました。


そして、吉本の歩みは、そのまま万才から漫才への歩みとなっています。
その吉本は、吉本泰三・せい夫婦によって生まれたのですが、大阪ではせいさんの方が圧倒的に有名です。せいさんは「女太閤」とも呼ばれ山崎豊子さんの出世作「花のれん」のモデルともなり、テレビや舞台でも演じられました。


せいさんは昭和23年明石市の生まれ。23才で大阪上町、本町橋ぎわの荒物問屋の若旦那吉本泰三に嫁ぎました。泰三は当時大流行した剣舞にはまり、自分も舞台に出演したり、挙句の果てには太夫元を引き受けたりして道楽が過ぎ、財を失ったそうです。
そこでこの道楽を商売にして、「大阪一の興行師になってやろう!」と一念発起し、当時売りに出ていた天満天神裏の「文芸館」という寄席小屋を手にいれ、姓名学を研究していた落語家の桂太郎に相談し「花月亭」と改称し稼業を始めたのが明治44年です。
最初はあまりパッとしない顔ぶれだったのですが、木戸銭を格安の5銭にして押しまくったといいます。


そしてここを足場に松島新世界福島など、「花月」と名のつく小屋を増やしていき、南地法善寺境内金沢亭を買収、花月の本拠としました。
その躍進途中の大正13年2月、39才の若さで泰三氏が死にました。
泰三の死後せいさんは、生家から林正之助(前吉本会長)、その後その弟の弘高を招いて片腕とし、大進軍の采配をふるいました。


漫才が全盛期に入った昭和9年、「辻阪時事件」という、大阪の興行会をゆさぶった大きな脱税事件に彼女も関わっており、それに伴い正之助にバトンを渡し第一線を退きました。その後昭和9年の東京進出、昭和14年の新興演芸部との攻防、戦災による劇場焼失、戦後の解散など吉本の興亡の姿を見ながら、昭和26年3月60歳で亡くなりました。

このページのトップへ> サイトトップへ>