漫才?…放浪芸てキミ! お笑い漫才と放浪芸・大道芸をつなぐ
message
今ではほとんど見る事ができなくなったけれど、とってもステキな芸能が、日本にはたくさんあります。そんな芸能をここでは紹介する…だけではなくて、どんどん探訪します!そして実演します! みんなでまだまだ忘れられるには惜しい芸能の数々を楽しみませんか!
message

お問い合わせ・取材・公演依頼などはホームページ下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。

妻の死

満州からの帰国

それでも働かねばならぬ

満州の巡業を何とか終えて戻ってくると、妻の病状は一層悪化しておりました。
しかし健康保険もない時代、働かねば療養費も稼げません。
でも家を離れたくない。

本当に辛い選択であったと思います。 とりあえず妻を県立病院に入院させて、
自分は人の勧めに従い、山の町のヤキモチ地蔵というのに毎日お参りしたそうです。
そのうちに今度は三男の輝政に召集礼状がきます。
昭和13、14年頃、妻の病状に回復の兆しはなく、正月は目前に迫っていました。

今でもそうですが、正月は芸人の掻き入れ時です。
この時期に巡業に出ないのは、収入の上でかなり厳しいのは明らかです。
しかし妻の元を離れたくない。
そんな捨丸を見かねた妻えいは、
「私は大丈夫ですから安心して旅に行ってください。」
と言います。
この一言で、捨丸は旅に出る決心をします。

この時は北陸を巡業しました。
そして1月30日、富山の旅館に着いた時、妻の死の知らせが入りました。
明石家さんまがテレビで「現場は戦場や」とよく言っていますが、実は捨丸も絶えず舞台は戦場だと言っていたそうです。
そんな捨丸ですが、この時ばかりは、あと1日あった公演を辞めて神戸に戻っています。

このページのトップへ> サイトトップへ>