漫才?…放浪芸てキミ! お笑い漫才と放浪芸・大道芸をつなぐ
message
今ではほとんど見る事ができなくなったけれど、とってもステキな芸能が、日本にはたくさんあります。そんな芸能をここでは紹介する…だけではなくて、どんどん探訪します!そして実演します! みんなでまだまだ忘れられるには惜しい芸能の数々を楽しみませんか!
message

お問い合わせ・取材・公演依頼などはホームページ下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。

捨丸舞台暦六十年記念公演

晩年期の捨丸

御殿萬歳

角座が再出発したのが昭和33年、捨丸が亡くなったのが昭和44年なので、
その間13年間が、捨丸の晩年と言えると思います。

昭和37年10月に神戸松竹座で、翌11月道頓堀角座で、
砂川捨丸舞台暦六十年記念興行」として、御殿萬歳が行われました。
しかしこの頃になると、中堅、若手では御殿萬歳のできる人間は皆無でした。
もちろん客も全く知らないものになってしまっていました。
それでもお年寄には懐かしさがあり、若い人は興味本位で、そこそこ客は集まったといいます。

この時の写真が残っているのですが、壮観です。また詳しく書きたいと思います。

このページのトップへ> サイトトップへ>