漫才?…放浪芸てキミ! お笑い漫才と放浪芸・大道芸をつなぐ
message
今ではほとんど見る事ができなくなったけれど、とってもステキな芸能が、日本にはたくさんあります。そんな芸能をここでは紹介する…だけではなくて、どんどん探訪します!そして実演します! みんなでまだまだ忘れられるには惜しい芸能の数々を楽しみませんか!
message

お問い合わせ・取材・公演依頼などはホームページ下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。

捨丸の家族と弟子

捨丸を囲んだ人々

家族

妻の話が出たので、ここで捨丸の家族について書いておきたいと思います。
妻えいとの間には、8人の子をもうけました。8人全員男です。
長男と三男が戦争に取られた事は前に書きましたが、
戦争が進むにつれ次男敏正、四男四郎、五男幸孝も戦争に取られます。
新聞では「軍国の父」「名誉の漫才師」などと書きたてらりれたりもしたそうです。
ちなみに六男安彦、七男勇次は早死にしているそうです。
八男の庄次郎は神戸新聞に勤めておりました。
後に晩年の事を書きますが、その時一緒に住んでいたのが八男と思われます。

そしてえいの死後は、その実妹はなさんが後へいきました。
今では考えられない事かも知れませんが、ほんの数十年前までは、
奥さんが亡くなった場合、その姉妹が変わりに嫁ぐ事は珍しい事ではありませんでした。
そしてはなとの間にも、みな子照久の2人の子をもうけ、計10人の子をもうけた事になります。

しかし捨丸は、この内の誰にも芸を継がせていません
これは現在でも考え方が分かれるところですが、
自分の子供に芸を継がせるかどうかは、非常に悩むところだと思います。
古典の世界であれば、継がせるのは慣例ですが、そうでない芸能の場合、特に「型」が重視されない芸能の場合は、サラブレッドである必要性は低くなります。
捨丸がなぜ子供に芸を継いでいないのか、それは今となっては知る由もありません。

弟子

次に捨丸の弟子についても書きたいと思います。
…と思ったのですが、これがなかなかやっかいで、はっきりとした事がつかめないでいます。
現在わかっている方のお名前は、
浮世亭夢丸浮世亭歌楽砂川捨次若丸夢之助捨十郎捨奴捨若
二代目砂川捨丸という方もいらっしゃいました。この方の芸は、ワッハ上方の「わらいえて」捨丸追悼の回で観る事ができます。
他にも素人弟子多数。一説によると、総勢100人以上!
しかし僕も映像で見た事があるのは夢丸さんぐらいで、一般的にも捨丸は弟子運が悪いと言われているようです。
事実、現在捨丸の系譜を汲む漫才師はいないのではないでしょうか。
今後もっと調べたいところです。

このページのトップへ> サイトトップへ>