漫才?…放浪芸てキミ! お笑い漫才と放浪芸・大道芸をつなぐ
message
今ではほとんど見る事ができなくなったけれど、とってもステキな芸能が、日本にはたくさんあります。そんな芸能をここでは紹介する…だけではなくて、どんどん探訪します!そして実演します! みんなでまだまだ忘れられるには惜しい芸能の数々を楽しみませんか!
message

お問い合わせ・取材・公演依頼などはホームページ下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。

捨丸の東京進出と関東大震災

ついに東京進出!

その時捨丸は…

大正12年8月21日から8月一杯、
捨丸は浅草観音劇場万才大会に出演し、東京デビューを果たします。
この時捨丸は、小1の次男敏正、6歳の三男政輝も連れて行きます。
そして公演が終了し、次男と、弟子の捨次の相方中村春代を一足先に神戸に帰らせます。
残ったのは捨丸と、捨丸の相方高橋笑子、三男の輝政の3人です。
この後浅草の帝京座の出演が決まっていた捨丸達は、楽屋を帝京座に移ります。

関東大震災が起こります。

捨丸ら3人は帝京座の楽屋におりました。
当時捨丸32歳。三男を背負い、すぐさま劇場を飛び出します。
しかし街は大混乱、右も左もない状態でした。
捨丸らは浅草の観音さまの境内へ流されてきました。
この時川向こうの本所被服廠後の広場では、一時に何万という人が焼死したそうです。
まさに生と死は紙一重であったと言えるでしょう。

震災後4、5日は握り飯と水で暮らしたそうです。
震災6日目、神戸の樋口興行部から派遣された人が、
食糧と衣料を持って救援にやって来ます。
この人と上手く会えた事は、「観音様のご利益だ」と捨丸は後述しています。

さて、この人が来た事により、中央線が開通した事がわかり、捨丸は神戸へ帰るため、早速日暮里駅に向かいます。


そして大混乱の駅構内をウロウロしていた捨丸は、驚くべき人物に出会います。

このページのトップへ> サイトトップへ>