漫才?…放浪芸てキミ! お笑い漫才と放浪芸・大道芸をつなぐ
message
今ではほとんど見る事ができなくなったけれど、とってもステキな芸能が、日本にはたくさんあります。そんな芸能をここでは紹介する…だけではなくて、どんどん探訪します!そして実演します! みんなでまだまだ忘れられるには惜しい芸能の数々を楽しみませんか!
message

お問い合わせ・取材・公演依頼などはホームページ下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。

漫才のルーツ

萬歳から漫才へ

萬歳??漫才??

さて、萬歳、万歳、漫才と様々な表記がありますが、違いは何でしょうか。実は厳密な使い分けというものはありません。文字のイメージ的には、古い表記は萬歳で、万歳→万才→漫才といったところでしょうか。

現在日本各地に残っている「マンザイ」は主に「万歳」の字を使っています。実質現在の「マンザイ」で一番古い「マンザイ」はこういったものです。一番古いのに「萬歳」ではなく「万歳」という表記を主に使っているのは、単純に漢字が簡単だからでしょう。
では、「萬歳」はどういう時に使うのか。これは、そういった古典万歳が、漫才に移って行く過程で、つまり明治・大正・昭和にかけて使われたのがメインです。

漫才の誕生

ではどのようにそれが「漫才」という表記に変わったのか。
大正末期から昭和初期にかけて、「」の字を使う事が流行りました。例えばポンチ絵は漫画に、活弁が漫談に、散歩ですら漫歩と呼ばれたぐらいでした。
吉本興業の宣伝部長橋本鉄彦は、自分の会社の専属でありドル箱のエンタツ・アチャコに、何か人の目を引くレッテルを貼りたいと考えていました。
大正の末期からすでに「萬歳」は略字を用いて「万歳」とも「万才」とも表記されていたので、「漫才」の文字を2人にあてがいました。

昭和7年1月の、宣伝部発行の雑誌「ヨシモト」に「今日より万歳は漫才と名乗るべきである」と書いたのです。そしてこれを各新聞社などに配りました。
しかし来るのは抗議の声ばかり。それに対して「今のどこに万歳の面影があるか」「新しい酒を盛るには新しい器がいる」と反論します。
かくして翌11年には新聞・雑誌ほとんどが「漫才」の文字に変わっていました。さらに翌12年には辞書・辞典の類にも収録されるようになるのです。

このページのトップへ> サイトトップへ>