漫才?…放浪芸てキミ! お笑い漫才と放浪芸・大道芸をつなぐ
message
今ではほとんど見る事ができなくなったけれど、とってもステキな芸能が、日本にはたくさんあります。そんな芸能をここでは紹介する…だけではなくて、どんどん探訪します!そして実演します! みんなでまだまだ忘れられるには惜しい芸能の数々を楽しみませんか!
message

お問い合わせ・取材・公演依頼などはホームページ下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。

加賀万歳

国重要無形民俗文化財

加賀万歳の特徴

越前万歳が加賀の金沢に飛び火したものが加賀万歳です。
それとは別に、加賀で生まれた加賀独自のものもありまして、これを当時は「地万歳」と呼んで区別していたようです。
越前万歳に由来する物ではあるが、能の姿勢を真似て新しい舞型を作り、さらには謡曲の節に学び、ゆったりとした高雅で品格のある万歳歌が特徴で、その大成は文化・文政(1804-30)の頃、当時金屋町に住んだ、加賀宝生の能楽師大石藤五郎によると言われている。

加賀万歳には相当野卑・猥雑なものも多かったようです。
例えば浅野川川下から出て、郭通いや男女の情死を唄い歩いた「隠亡(おんぼ)万歳」は、主に女たちだけで演じられました。しかし淫猥とされた詞章のせいか、大正時代には既にほとんど跡を絶ち、現在では何の手がかりも残されていません。

現在演目は、六十余番伝わっているそうです。
小倉百人一首・町尽し・松尽し・北国名物魚尽しのような優しい流れるような調子の「流し」
北国下道中・婚礼道具尽しのような「まず1番の」という風にうたわれる加賀万歳の醍醐味「番物」
寿命長久寿万歳・御代の春のような拍子に合わせて歌われる「拍子物」
式三番叟・寿命長久寿万歳のような格調高い「式舞」
七福神・もちつきのような滑稽な舞い方の「曲舞」
鳥刺し・宇治川先陣物語・お長右衛門ろ梅ケ枝手水鉢・お福の嫁入りのような扮装を凝らし大胆・自由に舞う「所作舞」
などに分けられます。
詞章はどれも非常に面白いです。

御殿万歳を身上とし、一般には座敷でしか唄い舞わなかったと言われています。
正式に何番も続けてやる場合は、必ず最初に「式三番叟」、次に「流し」もの、そして「小咄(落とし噺)」を挟んだ後、最後に「番物」を演じます。寄席で演じる場合は、さらにこの後総出で手拭をかぶり、太夫も素襖を脱いで才蔵と同じ格好で踊ったりもしました。その踊りが「こんたん踊」「はや踊」です。

加賀万歳の装束

太夫
黒侍烏帽子・紋付(梅鉢の紋、現在は各人の家紋の場合が多い)・素襖(麻墨染め、子持ち縞鶴の大紋)・袴・小刀・扇(梅鉢の紋、現在は金(表)銀(裏)の物を使用)
才蔵
赤大黒頭巾(番物の際はかます帽子、寿命長久万歳では兜型烏帽子)・紋付袴・扇・小太鼓

加賀万歳の今

加賀萬歳保存会によって保存・継承されている。
故小沢昭一の「日本の放浪芸」 に「お福の嫁入り」が収録されている。

このページのトップへ> サイトトップへ>