漫才?…放浪芸てキミ! お笑い漫才と放浪芸・大道芸をつなぐ
message
今ではほとんど見る事ができなくなったけれど、とってもステキな芸能が、日本にはたくさんあります。そんな芸能をここでは紹介する…だけではなくて、どんどん探訪します!そして実演します! みんなでまだまだ忘れられるには惜しい芸能の数々を楽しみませんか!
message

お問い合わせ・取材・公演依頼などはホームページ下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。

伊予万歳

国重要無形民俗文化財

伊予万歳の歴史

伊予万歳の起源は宝永年間(1704-10)に始まったもので、流祖は愛知の知多万歳と見られている。

北条市の各部落には、伊予万歳のグループがあって、農村娯楽として、また祭礼や縁日の余興として人気を博していた。大体明治末年から昭和十年頃までに普及し、盛行した。いずれも沢亀系統の万歳(沢亀万歳)。
沢亀万歳とは、明治二十九年久松家が沢田亀吉を招き、東京芝紅葉館で旧藩士に見せ好評を博した万歳。

伊予万歳の特徴

本土の万歳とは随分趣が違い、舞台上手の太鼓をメインの囃子として、舞踊要素が強い。昔は門付けも行っていたようだが、現在は舞台万歳へと変化したものが伝わっている。松の扇をたくさん用いて演ずる。

伊勢万歳の今

双葉会によって保存・継承されている。

このページのトップへ> サイトトップへ>