漫才?…放浪芸てキミ! お笑い漫才と放浪芸・大道芸をつなぐ
message
今ではほとんど見る事ができなくなったけれど、とってもステキな芸能が、日本にはたくさんあります。そんな芸能をここでは紹介する…だけではなくて、どんどん探訪します!そして実演します! みんなでまだまだ忘れられるには惜しい芸能の数々を楽しみませんか!
message

お問い合わせ・取材・公演依頼などはホームページ下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。

秋田(横手)万歳

秋田万歳の特徴

太夫と才蔵の唄がユニゾンではなく、双方違う歌詞の2部合唱になっている。
それでいてすぐれたハーモニーをなしている。

故小沢昭一のCDに収録されているものを聴くと、たしかに2人とも別々の詞章を言っていて、あるタイミングでピタリと同じ言葉を言っている。このパターンは他に唯一、大和万歳に見られる。
また、同CDには「一人秋田万歳」も収録されている。これは一人の老人が、全ての詞章を言い、しかも鼓の音を口で出している。
明治23年頃には60人程度の万歳師がいたらしい。

秋田万歳は、表六番が家建て・経文・神力・峰入り・お国・双六で、裏六番が扇・お江戸・門跡・吉原・桜・名寄りの計十二番。

秋田万歳の今

現在は「秋田万歳クラブ」によって、保存・継承されている。
また、故小沢昭一の「日本の放浪芸」 にも収録されている。
アラゲホンジという音楽グループが、秋田万歳を元にした「平成秋田萬歳」という曲を演奏している。
ユーチューブの映像→http://www.youtube.com/watch?v=5mP4Nf8Ivlw

このページのトップへ> サイトトップへ>