漫才?…放浪芸てキミ! お笑い漫才と放浪芸・大道芸をつなぐ
message
今ではほとんど見る事ができなくなったけれど、とってもステキな芸能が、日本にはたくさんあります。そんな芸能をここでは紹介する…だけではなくて、どんどん探訪します!そして実演します! みんなでまだまだ忘れられるには惜しい芸能の数々を楽しみませんか!
message

お問い合わせ・取材・公演依頼などはホームページ下記のアドレスまでお気軽にどうぞ。

活動記録


てんのじ村芸人プロジェクトとは

私増田浩紀が森田淳也と共に、2007年より行っている演芸活動で、その時々で協力してくれるメンバーと共に、のぞきからくりと尾張万歳を中心とした放浪芸全般についての実演を中心とした活動を行っています。

  日本には、本当にすばらしい芸能が数多くあります。しかし放浪芸という分野においては、大半が失われたり、風前の灯であったりします。ではそれは、本当に自然淘汰と言えるのか。少なくとも私個人にとっては、とても魅力的な芸能に思えます。
 だからこそ、この活動を通して、今一度それらの芸能を世に問いかけたいのです。本当にこれらの芸能はいらないのか。なくなってしかるべきなのか。
 我々の活動を通してこれらの芸能に触れた人が、少しでも「楽しい」「面白い」、そう思っていただければ、それが何よりの喜びです。

実演者であり続ける事」と、「保存のためではなく、糧を得るための生きた芸能として実演する事
 研究だけの頭でっかちにならず、「生活のための手段」 という芸能の本質・根源から外れない、この2つを当プロジェクトでは大事にしていきたいと思います。

てんのじ村」というのは、昔大阪の新世界の近くに芸人が沢山住む村があり、そのように呼ばれていました。芸人同士、助け合って生活をしていたそうです。「てんのじ村の芸人さん」(東方出版)という写真集が当時の様子をよく伝えています。
  ジャンジャン横丁を南に越えて、左の高速を越えた辺りがそれにあたります。丁度僕が活動を始めた時、新世界に住んでいた事から、それにあやかって名付けました。

尾張万歳の実演について

森田淳也・北川幸太郎氏・増田浩紀 てんのじ村芸人プロジェクトは、2011年4月24日付で、尾張万歳保存会会長北川幸太郎(尾張万歳保存会家元 五代目長福太夫)氏より、尾張万歳を用いての一切の活動を認められました。
  かねてより我々は尾張万歳実演のために保存会に通い教えを乞うていたのですが、この度その活動の担保としてお墨付きを与えていただいたものです。
  尾張万歳の名を汚さぬよう、今後とも精進して参る所存です。


 

尾張万歳鑑札    森田淳也・北川幸太郎氏・増田浩紀
 尾張万歳鑑札、左から森田淳也・北川幸太郎氏・増田浩紀


てんのじ村記念碑 全ての活動は、それに関わっていただいた多くの方のご協力によって成り立っています。
今まで出会った全ての人々に感謝。


また、活動に興味を持っていただいた方は、ぜひこのページ下にあるアドレスにメールをください!

このページのトップへ> サイトトップへ>